ホームページを作った。さあどうする?

よくホームページって効果があるの?
自分で管理とか難しそうという質問が寄せられます。

ホームページを持つということは、
実店舗の他にもう1件お店を持つのと同じようなものです。
ただ「ホームページ作ったよ!」だけでは、誰にも見てもらえません。
チラシやパンフと一緒で「作った」だけでは何にもならないのです。
それを宣伝していくのが、ホームページの宣伝ツール(SEO=検索エンジン最適化)
というものです。
ではSEOとはいったい何なのか?

検索エンジン最適化と呼ばれ、google(グーグル)、yahoo(ヤフー)など
大手検索エンジンを含めたすべての検索エンジンにおける、ホームページの
検索結果の順位を上げるテクニック を意味します。

これがWEBでは最も大事なことです。
ホームページをいかに多くの人に見てもらうという事が、宣伝・集客になります。
当たり前の事ですが、GoogleやYahooなどで「検索」して、検索したキーワードの上位にある
サイトから見ていくのが普通です。

ホームページ作った→SEOで集客。
SEOをきちんすればする程、アクセス数は増えます。

 SEOって例えばどういう事するんですか?

例えば今の日本では、
9割の人間がネットユーザー、スマートフォンでは5割強です。
こんなワクワクするネットのマーケティング、やらないよりもやる方が断然世界が
広がります。
特にスマートフォン市場は年々右肩上がりで、今後も増加する傾向です。
性別では男性よりも女性の方が1割強多く、10代20代では8割の若者が使用
スマートフォンの魅力はなんと言ってもアプリでしょう。
2014年にGoogle Playストアで提供されたアプリの数は143万アプリ。
一方、IOSのApp Storeは121万アプリだったそうです。
すさまじい数のアプリです。
有料から無料まで、ゲームから投資までスマホ1台で色んな事が済ませられるという
正にスマートフォン(賢い電話)。
スマホ市場は今後も拡大するでしょう。
スマートフォンからの利用者数の多い上位10サービスは、
「LINE」、「Amazon」で58%、「Twitter」で48%と全体の平均増加率38%に比べても
い増加率です。
LINEは特に50代以上の男女の増加率が高く、若年層以外にも利用が広がり始めていることが
分かります。
世界基準で計ると
スマホ人口、2015年は19.1億人!世界人口の4分の1以上!!
という事実。
今後どうなるのでしょう?
テクノロジーはどんどん発達し、人はそれに頼って生きていくのでしょうか?
頼れるモノ、頼れないモノもありますがそれは千差万別。
統計ではこのような現状です。
それをどう利用するかは、自己判断ですが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑